FC2ブログ

日本びいきの外人を見るとなんか和むちゃんねる

海外の反応系2ちゃんブログ(。-∀-)・・・?


スポンサードリンク
SPECIALTHANKS














家庭ちゃんねる掲示板

準備中順次追加します

おすすめ


プロフィール

ななしの日本人

Author:ななしの日本人
試行錯誤しています


ブックマークはこちらから
はてぶ



メールフォーム
用件等はこちらへお願いします

最新コメント

コメント歓迎(*´∀`*)12000突破

コメント数:  トラバ数:  総記事数:

参加中アンテナ様




(*´∀`)よかったら一日一回
応援ポチをお願いいたします

最新記事

カテゴリ

700 : おさかなくわえた名無しさん: 2012/04/29(日) 01:19:04.11 ID:F+Dq1Q8q
日本の象徴びいきの外国人の話をひとつ。
出典は「天皇陛下と語る」細川隆元著。昭和天皇のお話です。

著者との対談で、昭和天皇に仕えた入江侍従長が語った話がもろに
「昭和天皇びいきの外国人」

でとても面白かったのでここに置いておきますね。

ちなみに昭和天皇の人となりは「超越している」というのが
入江侍従と著者との共通認識になっていました。
以下それを如実にあらわすエピソード。

「前の式部長官の人に聞くと、クーデターでその地位についた
 というような人がくるでしょう。もうすごいんですって。
 威張って。
 ところが、陛下に三十分ほどお目にかかって、帰るときには、
 もうすごく穏やかな雰囲気になっている。」

「ローマ法王が去年こられましたでしょう。
 で、陛下と三、四十分お話しして帰られた。
 車が走り出したら直ぐ接伴員に
 『きょう、陛下にお目にかかってはじめて日本人の
 心の美しさがわかった』
 といったというんです。
 ミッテラン大統領なんかでも、初めは硬直しているんですね。
 それが終わり頃には、陛下をいたわるようにして大変でしたね。
 非常に美しかったです」

「私も陛下のお供してバッキンガムへ泊まったんですよ。
 イギリスは気位が高いですから、いかなる元首といえども二晩だけだ、
 第三夜はホテルへいってくれ、という規則なんです。
 だから、こちらも控えめに出て、『二晩泊めていただきましょう』と、
 三晩目は何処のホテルが良いか、とやっていたら、
 クィーンが
 『いや、日本の天皇陛下はどうか三晩ともお泊まりください』 と。
 だから三晩になったんですよ。だから、ぼくも泊まっちゃったわけ・」



701 : おさかなくわえた名無しさん: 2012/04/29(日) 01:19:27.48 ID:F+Dq1Q8q
この本に書かれていたわけではないですが、
百戦錬磨の外交官も陛下に謁見となるとガチガチに緊張していた、
ということも少なくなかったそうです。

アメリカのフォード大統領は陛下にお会いしたとき
足の震えが止まらなかったとか。

陛下の隣でフォード大統領が左手と左足一緒に出して
歩いちゃってる写真が残ってますね。

この本を書いた細川さんは「時事放談」を作った政治評論家で毒舌家。
衆議員もこなし長ら内閣の憲法調査会で仕事をしてきた人。

また、無位無冠な身で陛下に長時間謁見した初めての人で、
当時議論されていた
「国家元首なのか象徴天皇なのか」「天皇の地位はどうすべきか」
を昭和天皇がどう感じているか尋ねようと思っていたらしい

んだけど、会談しているうちに、
「地位がどう変わろうと”天皇陛下としての本質”は何も変わっていない。
 超越してる。
 そこに陛下の存在価値があり、値打ちがあり、
 象徴天皇の真義はその一点にあるのではないか」
と確信し、用意していた質問は一切取り上げなかったそうな。

最後はスレ違いですが、この本に書かれていた、
日本の象徴びいきの日本人の話。

「これは私が陛下の側近の一人から聞いた話だが、
 終戦直後、天皇が全国をご巡幸になったときのことである。
 三井の三池染料工場をお訪ねになったことがあった。
 そこの労働組合長というのは左の筋金入りの人物であったそうだが、
 陛下がその組合長に呼びかけられて、
 『これは日本のために大事な産業ですから、
 あなたは組合長として組合員を鞭撻して、
 少しでも多く生産が上がるようにしてください』
とおっしゃったということである。

するとみんなが各工場から出てきて、門まで百メートルほどの所を、
「ワッショ、ワッショ」と大きな声を上げて陛下をお送りしたそうだ。

その間、組合長は空っぽの工場にはいって、
ふたつにおれてないていたというはなしがある。

陛下の柔らかいお言葉が、ひしひしと身に感じたと見えて、
組合長はみんなに向かって、
「おれは引き受けた。これからおれは一生懸命やるぞ」
と声高く叫んだという。

この工場では、その後生産が急カーブで上昇し、
玄人筋がどうそろばんを弾いても出てこないはずの生産が
出来てしまったという。」




出典http://kohada.2ch.net/test/read.cgi/kankon/1333848117/



yajirushi.gif 知られたくない転校の理由をバラされ私涙目

yajirushi.gif 実家が裕福な私が年収700万のリーマンと結婚した結果www

yajirushi.gif 常日頃からコトメや旦那が困っていたので私も堪忍袋が切れ反撃した

yajirushi.gif 彼女ぶん殴ってしまった

yajirushi.gif 元カレからのメールイミフなので放っておいたら

yajirushi.gif 社内報を見て、私の彼氏が他の女性と結婚するという事を知った・・・

yajirushi.gif 小保方「ほんとだもん!本当にSTAPいたんだもん!ウソじゃないもん!」

yajirushi.gif この正月にコトメ子がぶちかましてくれた。

yajirushi.gif スーパーでオードリーの春日に遭遇したから、握手求めた結果wwwwwww

yajirushi.gif 嫁から凄まじい破壊力のカミングアウトされたんだがwwwww

yajirushi.gif 慣れさせればなんでも免疫ができて平気になると本気で思っているママ

yajirushi.gif 母の日近いし、仕事決まったて嘘で母ちゃん泣かせたいんだが

yajirushi.gif 万引きGメンにあこがれたおばさん

yajirushi.gif 嫁と娘と仕事まとめて失ってワロタwww

yajirushi.gif 独身で年収400万だとどんな生活になるの?

yajirushi.gif 生後2ヶ月の赤ん坊を預かったんだけど、なんか不満なご様子

yajirushi.gif 【悲報】アイカツおじさんへの苦情続出

yajirushi.gif 韓国人「日本の有名な芸能人ストーカー事件を調べてみよう」

yajirushi.gif 彼女に「貧乏でもいいから」そろそろ結婚しようと言われたwwwwwwwww

yajirushi.gif クリミア問題をサザエさんに例えて教えてください

お花見とオンラインゲーム




全過去記事

どしどしコメントを頂けたら嬉しいです(○`・ω・´)ノ゙ <ヨロシクー
交流雑談コーナー(仮)

 

コメント



人気記事



29873

やっぱり不思議な人なんだよねぇ。
私も、どんな人でも昭和天皇とお話しした人は泣いて帰る、と言う話を聞いたことがある。
ものすごい人格者なんだろうなーとは思うものの、そういう人に会った事が無いからピンとこない。

2015.07.01.00.42.22 ななしさん  編集

29877

昭和天皇の有難いお言葉
「原爆が投下されたことに対しては遺憾には思ってますが戦争中であることですから広島市民に対しては気の毒ではあるがやむを得ないことと私は思っています。」

2015.07.01.02.38.08 ななしの日本人  編集

29880

29877
特定の奴らが喜んで食いつきそうだな
背景知ってりゃそうでもないけど

2015.07.01.05.57.27 ななしの日本人  編集

29881

皇室って、時代の節目、変革期になると、必ずと言っていいほど「名君」が出てくるんだよなぁ。

2015.07.01.07.45.08 ななしの日本人  編集

29882

カナダ人「どうして日本人は終戦後に天皇を裁かなかったの?」 【海外の反応】

2015.07.01.08.31.40 ななしの日本人  編集

29887

今上天皇の逸話も知りたいな
集金ペイとか山本太郎とかの無礼が払拭されるようなの

2015.07.01.10.45.14 ななしの日本人  編集

29888

天皇陛下の逸話を見れば見るほど本当にすごい方だと改めて驚かされる

29882
それ前に見たけどカナダには中国韓国の移民が大量にいるからねw

2015.07.01.10.50.21 ななしの日本人  編集

29889

共産党のデモ隊は皇居前で陛下に訴えたのですよ。
「人民政府樹立を」とね。

こんな国、日本しかないね。

2015.07.01.11.27.23 ななしの日本人  編集

29895

三池染料工場の労働組合長みたいなのが、真っ当な左翼だろ
右だろうと左だろうと、国の繁栄を考えないのは似非

2015.07.01.18.19.23 ゆとりある名無し  編集

29898

※29895 そうそう、左は国を真に思っての改革派、右は国を真に思っての保守派

最近の馬鹿は右でも左でもなくただ文句をつけたいがために文句をひねり出す糞でしかない
国を衰退させ、日本国民を貶めるような言動をするやつは右でも左でもないただの売国奴

2015.07.01.20.07.28 ななしの日本人  編集

29900

昭和天皇のエピソードだと、
柏餅の葉っぱ食べちゃった話と
アメフラシ食べちゃった話がとても好きだ

うっかり「ウナギおいしい」て言っちゃったせいで
行幸先でウナギばかり供されたとか、
雑草という名の草はないって話とか、
親しみやすいエピソードがてんこもりでいい

親が教師で反天皇制の教育受けたんだけれど、
入江さんの本とかおもしろくて好きだ

2015.07.01.21.24.45 ななしの日本人  編集

29905

昭和帝は御父上の大正帝と御顔立ちが似ておられるけど
弟君の高松宮・三笠宮両殿下は御母上の貞明皇后似

2015.07.01.23.35.53 ななしの日本人  編集

29907

※29873
昭和の陛下の対人関係の記憶力・洞察力はマジ凄かったからね。

各国大使が離任する際には最後の挨拶に皇居を訪れるけれど、
本来は儀礼的挨拶でせいぜい10分程度で終わるところが、
陛下から様々な思い出話をされて予定時間を大幅超過して、
最後は大使が涙ながらに退出する光景はいくらでもあったと、
宮内庁関係者が証言している。

2015.07.01.23.48.54 ななしの日本人  編集

29909

今上天皇が19歳の皇太子時代、エリザベス女王戴冠式に招かれてイギリスをご訪問された際の映像を見たが、図体のでかいイギリス人のおっさんがガチガチに緊張して、超低姿勢で皇太子をお迎えしていた。あとで知ったがチャーチル首相だった。

2015.07.02.00.52.51 ななしの日本人  編集

29916

※29888
海外のマスコミは昭和天皇をぼろ糞に批判してる
イギリスのTHE TIMESやドイツのDIE ZEIT、イタリアのコリエレ・デッラ・セーラとか

2015.07.02.06.32.49 ななしの日本人  編集

29917

海外が天皇陛下をどう思おうと、どうでもいいよ。
天皇陛下も皇后陛下も大好きだ。

2015.07.02.09.19.53 ななしの日本人  編集

29941

まあ神様だからなぁ

2015.07.03.02.43.51 ななしの日本人  編集

29944

それが現人神と言われる所以。

2015.07.03.05.38.09 ななしの日本人  編集

29950

ちなみに愛国心・愛国主義"patriotism"=国家主義"nationalism"の同義語
国家主義=熱狂・狂信"fanaticism"や、愛国狂・主戦論"jingoism"の同義語
"fanaticism"は「反対意見への極端な不寛容」ともいう

『日本語大シソーラス 類語検索大辞典』によると、「偏愛」の類義語は「愛国心」
「軍国主義」の類義語は「国粋主義者」「ナショナリスト」「忠君愛国」

2015.07.03.10.58.15 ななしの日本人  編集

29958

>>29917
日本でも『風流夢譚』という話があってだな
天皇を斬首して皇后を糞ッタレ婆ァと呼ぶ話だが
その話は海外に広まっていて、教授や研究者が念入りに研究してるんだよ

本当に海外は「どうでもいい」のか?
『風流夢譚』やそれの外国語訳が拡散していることも、それを教育機関が取り扱っていることも
「どうでもいい」のか?

2015.07.03.15.38.36 ななしの日本人  編集

29974

やっぱり先帝も今上の陛下もすごいや!

2015.07.03.23.03.04 パトリオット百姓  編集

30025

「世界のマスコミが描く昭和天皇」(アーデル・アミン、1992年、『一橋論叢』107巻2号、301-312ページ)

一九八九年一月の昭和天皇の死去に際し、多くの国々が、「ヒロヒト」の死を伝えるとともに鋭いコメントを掲載した。例えば、…イギリスの”THE TIMES”、 旧西ドイツの”DIE ZEIT”、そしてイタリアの『コリエレ・デッレ・セーラ』などの論調は…総じて、天皇の戦.争責.任に対する厳しい態度を示した。
…さらに、「日本の歴史家の間では、天皇の戦.争責.任についての考えが一致していない。」と一九八九年一月九日付の旧西ドイツの新聞”DIE WELT”は指摘した。

2015.07.04.14.22.43 パトリオット百姓  編集

30027

イギ.リスのマ.ス.コミは容.赦なく天皇の戦.争責.任を間い、天皇.及び日本政.府の態度を批.判する。

2015.07.04.14.32.29 パトリオット百姓  編集

30028

”THE TIMES”(1/8)は、非常に厳しい表現で、「天皇ヒロ.ヒトは日本.以.外の国の多くの人々を脅.かすようなことをたくさんしてきた。ヒロ.ヒトは、戦.後の高貴な立場より、ア.ジアヘの侵.略戦.争と、数々の残.虐..行.為を行ったものとして人々に記憶されるだろう。

2015.07.04.14.32.55 パトリオット百姓  編集

30029

彼の名の下に…大.規模な虐.さつが繰り広げられた。被.侵.略.者にとっては、ヒロ.ヒトの死は忌.まわしい記憶を蘇らせ、弔.意よりは喜びを感じさせることになるだろう。…戦.争に関してヒロ.ヒトが演じた役割については、曖.昧に幕が閉じられたままである。…彼は、戦.争に反対して止めさせることの出来たただ一人の存在であったにも関わらず、そうしなかったという汚.点を背負っている。」と語っている。

2015.07.04.14.35.30 パトリオット百姓  編集

30030

天皇ヒロヒトもマッカーサーと三回にわたって会見を行っている。一九四五年九月二七日、天皇はSCAPマッカーサーと会見した。…天皇は、マッカーサーに、「対米戦争を自分は避けようと全力を尽くしたが、国民の動向を押さえきれなかった」と弁前し、マッカーサーもそれを了解した。天皇は全ての責任を国民に押しつけて彼自身の責任を逃れた…井上清『天皇・天皇制の歴史』(明石書店、一九八六年)が指摘しているように、天皇は自分に対する追及を逃れるために、マッカーサーに日本の領土と主権の一尾を売り渡して、マッカーサーの一層の保護を求めた

2015.07.04.14.37.13 パトリオット百姓  編集

30031

第二次大戦中、日本と同盟国であった旧西ドイツとイタリアの見方もみてみよう。
旧西ドイツでは、日本の過去の歴史を解説したり検証したりする報道が目立った…『DIE ZEIT』(1989/1/9Nr7-)は次のように述べている。
「ヒロヒトは自分は憲法に定められた政治体制を重視していたため、内閣の戦争決定を尊重するほかなかったのだと一九八一年に記者会見を通して述べている。いずれにせよ、当時実験は軍部の手中にあり、軍部が天皇の名において統治していたのである。天皇には、十分な情報が届いていないということも多かったのだ。戦争遂行を主張するものと平和を唱えるものとが連合国のポツダム宣言を受諾するかどうかで対立した戦時中最最悪の日々にあって(in den dunkelsten Tagen)、天皇は戦闘行為停止を命ずる勇気を見せた。だが、なぜ天皇はもっと早く同じことを言えなかったのか、という疑問は答えられぬまま残されている。」
また、『DIE ZEIT』(Nr.3-13. 一九八九年一月)には、「天皇は最高司令官ではあったが、確かに領土拡張論者(expansionistischen Plänen)ではなかった。歴史的罪過は、軍部の拡張政策に何ら抵抗しなかったところにある。」とあり、やはりその責任の逃れられないことを強調している。
…第二次世界大戦とその経緯は…ヒトラーの下激烈な国家主義によって…サツ人は日常茶飯事であった。収容所を管理する親衛隊(SS< Schutzstaffel)の隊員が生まれたばかりの赤ん坊をその長靴で踏み潰した…
そのSSの隊長であり、アウシュビッツ収容所の所長でもあったのが、ルドルフ・ヘスである。彼はその裁判の中で、なぜこのようなことをしたのかという質問に答えて、「命令だったからだ。自分たちSSは、上からの命令を拒否するようには教育されていなかったのだ。…自分たちSSは、カイザー(皇帝;天皇)に対して、絶対的な忠誠心を持ち、命令に忠実に服従した日本国民を理由なくして学ばなかった訳ではない。」と答えている。

イタリアも、第二次世界大戦時に同盟国として戦い、同様に敗戦国となった国である。『コリエレ・デッラ・セーラ』(1/8)は、天皇の死去に際し長い記事を載せて語る。…
「戦争に関して、ヒロヒトに道義的、政治的責任があることに疑いはない。たとえ、ためらいの気持ちを示した場合が何回かあったとしても、それは軍の上層部の楽観主義を完全に信用していなかったり、彼らの訴える勝利の保障を納得していなかったからに過ぎない。」やはりここでも、天皇の戦争責任が厳しく指摘されている。

引用元:「世界のマスコミが描く昭和天皇」(アーデル・アミン、1992年、『一橋論叢』107巻2号、301-312ページ)

2015.07.04.14.39.04 パトリオット百姓  編集

30032

>『風流夢譚』
>「これから皇居へ行って、ミッチーが《ヤ》られるのをグラビヤにとるのよ」と女の記者が嬉しがって騒いでいて、すぐにもそこへ飛んで行きたい

>皇居広場は人の波で埋っているのだが、私のバスはその中をすーっと進んで行って、誰も轢きもしないで人の波のまん中へ行ったのだった。そこには、おでん屋や、綿《ワタ》菓子屋や、お面《メン》屋の店が出ていて、風車屋がパァーパァーと竹のくだを吹いて風船を鳴らしている、
>その横で皇太子殿下と美智子妃殿下が仰向けに寝かされていて、いま、ヤられるところなのである。私が驚いたのは今、首を切ろうとしているそのヒトの振り上げているマサキリは、以前私が薪割りに使っていた見覚えのあるマサキリなのである。私はマサカリは使ったことはなく、マサカリよりハバのせまいマサキリを使っていたので、あれは見覚えのあるマサキリなのだ。
>(困るなァ、俺のマサキリで首など切ってはキタナクなって)と、私は思ってはいるが、とめようともしないのだ。そうしてマサキリはさーっと振り下ろされて、皇太子殿下の首はスッテンコロコロと音がして、ずーッと向うまで転がっていった。(あのマサキリは、もう、俺は使わないことにしよう、首など切ってしまって、キタナクて、捨てるのも勿体ないから、誰かにやってしまおう)と思いながら私は眺めていた。私が変だと思うのは、首というものは骨と皮と肉と毛で出来ているのに、スッテンコロコロと金属性の音がして転がるのを私は変だとも思わないで眺めているのはどうしたことだろう。それに、(困る困る、俺のマサキリを使っては)と思っているのに、マサキリはまた振り上げられて、こんどは美智子妃殿下の首がスッテンコロコロカラカラカラと金属性の音がして転がっていった。

2015.07.04.14.48.28 パトリオット百姓  編集

30033

>横に立っている背広姿の老紳士
>私の直感で、この紳士は皇居に関係のある人だと睨んだ
>「あなたは? 皇室に?」と聞くと、「そうです、わしは、30年も50年もおそば近くにおつかえした者だ」と言うのだ。この老紳士は向うの方へ指をさして、

>「あっちの方へ行けば天皇、皇后両陛下がヤられている」と教えてくれたのだ。そうして私はのそのそと老紳士の指差した方へ人ゴミをわけて歩いて行ったのだった。そこでは交通整理のおまわりさんが立っていて、
>天皇、皇后の首なし胴体のまわりを順に眺めながら、人ゴミは秩序よく一方交通でうごいているのだった。皇太子はタキシードを着ていたが、天皇の首なし胴体は背広で、皇后はブラウスとスカートで、スカートのハジには英国製と商標マークがついているが、私は変だとも思わないで眺めていた。

>ひょっと気がつくと天皇の首なし胴体のそばに色紙が落ちていて、私はそれを拾いあげて読もうとしたのだった。が、毛筆で、みみずの這った様なくずし字なので、さっぱり判らないのだ。「こりゃー、なーんだ、読めないよ、こんなもの」とひとりごとを言うと、「それは天皇陛下の辞世のおん歌だ」 と横で声をかけてくれたので、横をむくと、さっきの老紳士が立っていたのだった。
>色紙をとりあげるように取って読んでくれた。
>
> みよし野の峰に枝垂れるちどりぐさ
> 吹く山風に揺るるを見れば
>
>老紳士は読んでくれて、頼みもしないのに歌の解釈もしてくれた。「みよし野の峰にしだるる千鳥ぐさ吹く山風に」までは「揺るる」の序で、「揺るる」は国が動乱することを意味するもので、歌の大意は「なんと国家動乱したことであるわい」という意味だそうである。
>「御製《ギョセイ》ですねえ」と私は言った。「辞世の御製で、辞世だから御生涯中で唯一首しかないおん歌だ」と老紳士は言って目をとじた。天皇の歌があるなら皇后の歌もあるのに違いないと気がついて、
>私は皇后陛下の首なし胴体のところを注意して見るとやっぱり色紙が落ちていたのだった。「これも、読めますか?」と老紳士に見せると、「これも辞世のおん歌だ」と言って読もうとしたときだった。急に前が騒がしくなって人ゴミをわけて出て来た老女があった。

>「昭憲皇太后が来た、昭憲皇太后が来た」とまわりの人が騒ぎたてるので見ると、65歳ぐらいの立派な婆さんである。広い額、大きい顔、毅然とした高い鼻、少ししかないが山脈の様な太い皺に練白粉をぬって、パーマの髪も綺麗に手入れがしてあるし、大蛇の様な黒い太い長い首には燦然と輝く真珠の首飾りで、ツーピースのスカートのハジにはやっぱり英国製という商標マークがはっきり見えているのだ。

>昭憲皇太后が目の前に現われると私はその前へ飛んで行って、いきなり、「この糞ッタレ婆ァ」と怒鳴った。そうすると昭憲皇太后の方でも、「なにをこく、この糞ッ小僧ッ」と言い返して私を睨みつけるのである。
>私が変だと思うのは、「糞ッタレ婆ァ」というのは「婆ァのくせに人並みに糞をひる奴」とか、「婆ァのひった糞はやわらかくて特別汚いので、きたねえ糞をひりゃーがった婆ァ」という意味で「糞婆ァ」というのは「顔も手も足も糞の様にきたない婆ァ」という意味なのである。

>「糞ッ小僧」と言われて私は怒りだした。いきなり昭憲皇太后に飛びついて腕を掴んでうしろへねじった。でかい声で、「なにをこく、この糞ッタレ婆ァ、
>てめえだちはヒトの稼いだゼニで栄養栄華《エーヨーエーガ》をして」と怒鳴った。そうすると昭憲皇太后は、「なにをこく、この糞ッ小僧ッ」とわめいて私の顔をひっかくのだ。私はカンカンに怒って、「エイッ」と昭憲皇太后に足がけをくれて投げ飛ばした。「どすん」と昭憲皇太后は仰向けにひっくり返って、(あれ、うまくいったなァ、俺はこんなに強かったのか)と私はびっくりした。(起き上がられては)と素早く私は昭憲皇太后の首を両股で羽交締《はがいじ》めにした。

>昭憲皇太后は両足でバタバタ暴れながら、私の股をひらいて逃げようとするのだが、私が変だと思うのは、私は両股に力をいれていないのですぐ逃げられてしまうのに、昭憲皇太后はいくらもがいても私の股はひらけないのだ。(困る困る、逃げられてしまう)と私は思っているのに逃げられないのはどうしたことだろう。
>その時、横で、さっきの老紳士が、「皇后陛下の辞世のおん歌は」と言って読み始めたのだった。
>
> 磯千鳥沖の荒波かきわけて
> 船頭いとほしともしび濡るる
>
>そう読みあげて頼みもしないのにまた歌の解釈をするのだ。「磯ちどり沖の荒波かきわけて船頭いとおしともしび」までは「濡れる」の序で、歌の意味はただ「濡れる」というだけだそうである。
>「濡れるって、ただ濡れるでは、何がどんな風に濡れるだかわからないじゃないですか?」と私は昭憲皇太后が逃げては(困る、困る)と思いながら、両股で首をはさんだまま老紳士の方を見上げてそう聞いた。「なにが濡れるって、そこまで、はっきり言ってしまわないで、遠まわしに言うのが歌を作る者の心得だ。しいて、くどく税明すれば涙に濡れる、〝なんと悲しいことではありましょう〟ということです」と教えてくれた。
>「つまり、なぞなぞみたいに作ればいいですね、和歌は」と私は言った。

>昭憲皇太后はまた足をバタバタ暴れてわめいた。「てめえだちは、誰のおかげで生きていられるのだ。みんな、わしだちのおかげだぞ」と言うのだ。「なにをこく、この糞ックレ婆ァ、なんの証拠があってそんなことを言う。てめえだちの様な吸血鬼なんかに、ゼニをしぼりとられたことはあっても、おかげになんぞなったことはねえぞ」と私も怒鳴った。昭憲皇太后は金切り声で、

>「なにをこく、この糞ッ小僧、8月15日を忘れたか、無条件降伏して、いのちをたすけてやったのはみんなわしのうちのヒロヒトのおかげだぞ」とわめくのだ。「こんちくしょうッ」と怒鳴って私は拳骨を振り上げた。昭憲皇太后の頭をなぐりつけようとしたが、なぐる前に一応言い含めた方がいいと思ったので、

>「終戦になって生命が救かったのは、降伏するようにまわりの人だちが騙すようにてめえの息子にそういうことを教えてやったのだぞ。その人だちは誰だか教えてやれか、米内、岡田、鈴木貫太郎ッ」と言い終って、私は昭憲皇太后のアタマをなぐりつけようとした。そこで私は、「わーっ」と叫んで飛びのいた。

>私は昭憲皇太后の頭の真ん中にナカゾリの様な丸いハゲがあるのを見つけたからだった。「わーっ」と飛びのいたのは、私はハゲを見ると怖ろしくなるからで、これは私の頭がハゲているのでこれは自分の弱点を他人の中に見つけて怖ろしがるのである。

>ふらふらと立ち上ると目の前にさっきの老紳士が立っているのだった。大きい鎖のネックレスを束にして持っているので、「いいですね、そのネックレスは男ものですか? 男ものでしょう?」と私が言うと、
>「これはネックレスではないよ、文化勲章だ」と言うので、私は気味が悪くなった。老紳士はマユにしわをよせて、「わしは天皇皇后のご成婚のなこうどをして文化勲章を貰ったが、みんな、こんなところへ捨てて行くので、勿体ないから拾いあつめているのだ」と言うのだ。そうして老紳士は向うを指差して、

>「あれ勿体ない、三種の神器をあんなところへ捨てて、誰も拾って行かないけど」と言うのだ。ひょっと見ると、木片れの様な刀と、駄菓子屋で売っている様な子供用の鏡と、オモチャの指輪の玉の様なものが転がっているのである。私はあわてて、「勿体ないねえ、誰かに売ればいいのに」と習った。
>「ダメだわよ、クズ屋に売ろうと思ったけど、クズ屋も買わないのよ」と言うのは、渋谷で一緒にバスを待っていた編物をしている女のヒトなのだ。

>>ふりむくと中年の職業婦人らしいヒトが編物をしながらやっぱりバスを待っているのである。「あなたも、喧嘩をしに行くんですか?」ときくと、「喧嘩じゃないわよ、戦いよ、会社へ出勤するつもりで来たけど、革命があるというので私も行くことにしたのよ」と言っているが、これから戦いに行くというのに買物でも待ってるように編物をあんでいるのだ。
>>「革命ですか、左慾《サヨク》の人だちの?」と隣りの人に聞くと、「革命じゃないよ、政府を倒して、もっとよい日本を作らなきゃダメだよ」と言うのである。日本という言葉が私は嫌いで、一寸、癪にさわったので、
>>「いやだよ、ニホンなんて国は」と言った。「まあキミそう怒るなよ、まあ、仮りに、そう呼ぶだけだよ」と言って、その人が私の肩をポンと叩いた。この時私は、並んでいる人達はみんな労働者の様な人達ばかりなのに気がついた。
>>「いや、警察も、下ッパ巡査はみんな我々と行動を同じにしているが、刑事は反抗していて、いまピストルの射ち合いをやってるんだ」

>と私は完全に目がさめた。
>私は枕許の腕時計に目をやってハッと腕時計を握り締めた。腕時計の針も2時かっきりを指しているのだ。(あッ、俺が夢を見ていた間は、この時計も起きていたのだ)と私は涙が出そうになる程嬉しくなって腕時計を抱き締めた。

引用元:『中央公論』1960(昭和35)年12月号

2015.07.04.15.06.58 パトリオット百姓  編集

30170

昭和天皇の責任がと言う人もいるけれど、終戦時、占領時、戦後と大きな争いもないのは昭和天皇がいたからでしょう。いくら日本人は従順と言われていても、陛下が処刑されたりしていたら混乱があったでしょう。何もかも奪われてしまったら、どうなるか、その後の戦争を見たらわかるよね。海外で昭和天皇を批判する記事があるらしいけれど、彼らのは彼らの歴史があるんでしょう。
日本には日本の歴史がある。しっかり学び伝えたいと思う。
戦争に負けたから悪なの?おかしいよね。

2015.07.07.19.14.58 名無し++  編集

30257

うん、海外はどうでもいいと思う。
イギリス王室のこと何とも思わないもん。どーでもいい。

それより女子高生が天皇陛下について話してる時のがテンションが上がった。
例え、あのおじいちゃん可愛くて好き!だったとしても・・・・・

2015.07.09.22.28.03 ななしの日本人  編集

30259

変なのが湧いていて笑った。
陛下の人気が口惜しくて堪らないんだろうな。

2015.07.10.00.07.51 ななしの日本人  編集

30315

「昭和天皇は独裁者」だの「昭和天皇に戦争責任あり」だの言ってる奴は、大日本帝国憲法を一度も読んだ事ないんだろうな・・・

>>>第三條 天皇ハ神聖ニシテ侵スヘカラス<<<

この第三条はいわゆる「天皇無答責の原則」。他にも、

>>>第四條 天皇ハ國ノ元首ニシテ統治權ヲ總攬シ此ノ憲法ノ條規ニ依リ之ヲ行フ<<<

>>>第五條 天皇ハ帝國議會ノ協贊ヲ以テ立法權ヲ行フ<<<

とあるように、天皇が独裁権力を振るう事は一切認められないようになっているし、実際に独裁権力を振るえなかった。
また振るわないよう御自身でも硬く戒められていた。

天皇は俗世的な立ち位置を超越した神聖不可侵な存在である代わりに、世俗の生臭い政治の世界には直接関わるのを慎まなければならなかった。
天皇には直接的な権限がないからこそ、代わって政府や議会が責任を負った。

憲法上そう規定されている以上、天皇には法的にも道義的にも責任なんてある筈がないのにな。
「権限がない以上、責任は発生しない」、こんな簡単な原理も解らないなんて、馬鹿左翼も外国人もまったく不勉強だな。

2015.07.11.11.16.45 ななしの日本人  編集

30342

そんなに長々と語りたいことがあるなら自分のブログでおやりなさいよ

2015.07.12.12.16.41 あ  編集

30371

※30342
余計なお世話だ。ここで言って何が悪い?誰が迷惑してる?

上で粘着してる「パトリオット百姓」と名乗る奴には何も言わないで、何故俺だけに言うんだ?

アンタにそんな事を指図されるいわれはない。

2015.07.13.09.53.07 ななしの日本人  編集

30439

※30315
「天皇主権 てんのうしゅけん」
「主権が天皇にある、ということ。大日本帝国憲法では「天皇ハ国ノ元首ニシテ統治権ヲ総攬(そうらん)シ……」(4条)と述べ、天皇主権の原則を明確化している。」

「天皇が主権者であることによって、戦前の天皇はさまざまな権限を有していた。たとえば、立法権は天皇にあり、帝国議会は協賛機関にすぎず(5条)、行政権は内閣にはなく、国務各大臣が天皇を輔弼(ほひつ)し(55条1項)、司法権は天皇の名において裁判所が行う(57条1項)、とされていた。また天皇は陸海軍の統帥権(11条)、宣戦講和の権(13条)、緊急勅令(8条)や独立命令(9条)を発する権、憲法改正の発議権(73条1項)などをもっていた。」

「戦後の日本国憲法では、国民主権の原則が確立され、天皇は国政上の権限をいっさいもたないことになった。」
( 『日本大百科全書(ニッポニカ)』 参照)

2015.07.14.18.52.35 ななしの日本人  編集

30457

※30439
それは戦後に左翼の似非憲法学者どもが捻り出したデタラメ理論だ。

「天皇大権」はあっても「天皇主権」なんてなかった。「大権」と「主権」じゃ意味が全く異なる。そもそも主権なんてのは左翼用語だ。
帝国憲法は主権の概念を一切排除して制定された。だからそんなのは天皇に戦争責任があった事にしたい連中の詭弁に過ぎない。

帝国憲法に書かれてる「統治」の意味を意図的に歪曲してる。
その場合の統治は親裁(親政)、つまり直接的に政務に携わった事を意味しない。
「第五條 天皇ハ帝國議會ノ協贊ヲ以テ立法權ヲ行フ」とあるように、実態は必ず議会や内閣や軍部と諮って、決定された事を裁可するのみだったように、天皇があからさまに意思表示する事を固く慎まれていた。

直接的な意思表示をされた例外は、二・二六事件の時の鎮圧命令と、ポツダム宣言受諾時の御聖断の二度だけ。

2015.07.15.09.02.04 ななしの日本人  編集

30462

基本的に人が言葉の意味を調べる時には、
ネットのどこの誰かも分からない書き込みより、辞書や百科事典を使うだろう
辞書・事典より、どこの誰なのかも分からない情報の方が信用されているのでなければ

ネットの中で人がいくら言葉を尽くしても、読み手が納得しなかったり、考え方も相反するままなのは、お互いが信用ならないからだと思う

2015.07.15.10.49.05 ななしの日本人  編集

32045

昭和天皇はその立場云々を超えて誠の人格者であらせられた
数々の逸話を伺うに付けただただその思いを強くするだけです

2015.08.29.13.12.11 ななしの日本人  編集

32372

※32045
「思いを強くするだけ」では、
専門家の社会科学的・人文科学的研究や
辞事典の言語学的定義を覆せない。

思いや感情で覆せないものの例は、※30439や※30025-30031にある。
厄介なのは、研究や辞事典をネット上で否定しても、
研究や辞事典の公表が停止されはしないこと。
そして人が言葉の意味を調べるのに使うのは、匿名ネット情報よりも辞事典であること。

2015.09.06.21.16.03 ななしの日本人  編集

32375

昭和天皇の戦争責任云々と言うが、サンフランシスコ平和条約締結後の主権回復以降、日本国民は現状を認めてるし、戦争責任についてもそれを問うていない。
我が国は民主主義国家であるから、昭和帝の戦争責任を問う政党が選挙で選ばれていないことから、その意見は日本国民の支持を受けていない少数意見であるということ。
責任論の中身の正邪に関係なく、日本国民は昭和帝の戦争責任を「問わないことに決めている」。
まあ、意見を述べるのは自由だから、日本国民が昭和天皇の戦争責任を問う時がくるかもしれないその時を目指して、せいぜいがんばってくれと思う。
その可能性は微レ存なんだろうけどねw

2015.09.07.02.33.59 ななしの日本人  編集

32471

※32375
民主主義では、
専門家の社会科学的・人文科学的研究や
辞事典の言語学的定義を覆せない。

民主主義は「人民が権力を所有し行使する政治形態」であって、必ずしも論理的・科学的ではない。そのため、※30439や※30025-30031のような天皇研究を論破できない。

しかも民主主義(democracy)は「多数決主義」(majoritarianism )と異なり、多数意見のみならず少数意見も尊び反映しなければならない。
『日本大百科全書(ニッポニカ)』にこうある。↓
少数意見
民主政治においては、最終的意思決定を多数決によらざるをえないが、討議の過程においては少数意見であっても尊重し、合意を形成する努力が払われなければならない。少数意見が議事録または裁判書に記載される例は次のとおりである。
(1)各議院の委員会において廃棄された少数意見で、出席委員の10分の1以上の賛成があるものは、委員長の報告に次いで、少数意見者が議院に報告することができる。この際作成された報告書は会議録に掲載する(国会法54条)。
(2)最高裁判所の裁判については、裁判書に各裁判官の意見を表示しなければならず(裁判所法11条)、したがって多数意見に賛成する各裁判官名も、これに反対する少数意見の各裁判官名も、その意見とともに表示される。これに対して、高等裁判所以下の下級裁判所については、裁判の評議の経過ならびに各裁判官の意見は秘密とされる(裁判所法75条)ため、少数意見が公にされることはない。
最高裁判所にのみ少数意見を含めて各裁判官の意見の公示を義務づけるのは、その地位の重要性によるが、最高裁判所裁判官に対する国民審査の判断資料とするためでもある。
(3)公正取引委員会の審決も合議によるが、審決書には少数意見を付記することができる(独占禁止法57条2項)。

2015.09.09.17.29.30 ななしの日本人  編集

32491

民主主義は非科学的な面もあり、
また多数決主義と違って多数派の意見が必ずしも採用されないので、
天皇ディスり反日行動に対抗できないということだな

2015.09.10.12.25.33 ななしの日本人  編集

32492

※32471
D・アッテンボロー「それがどうした?」

学究の徒がいかに正論をこねようとも、政治は現実であって、世間に通用しなければ、所詮は空論でしかならないんだよね。
現実とは、国民が選挙で投票した結果による、国会で承認された法律に基づき、議会で承認された内閣政府が行う政治行為なんだからさ。
少数意見はあくまでも少数意見なんで、結局、多数決には勝てないさ。考慮されるとはあるが、採用されるとは言ってないw
それでも結果に文句を言う自由はあるからね。我が国は自由の国()だからwww
まあ理不尽だよねえ。でも世間って、そんなもんじゃないの?
世の中、なんでもかんでも思い通りになるものなんてないんだし。
モニターの外の世界は現実だからねえ。

2015.09.10.13.04.01 ななしの日本人  編集

32531

>>32492
どう考えてもネットのカキコやモニターの外の方が辞書や科学よりも正しいからな
辞書よりカキコ、正論より多数派
当然の真理だな

2015.09.11.18.07.44 ななしの日本人  編集

32565

試験や受験で頼りになるのは辞書や参考書よりも
ネットの話や現実の多数派だからな

2015.09.12.09.12.53 ななしの日本人  編集

32754

※32492
近代国家や近代民主主義は、「法の支配」の下にある
「法の支配 rule of law」
「法至上主義的な思想,原則。どんな人でも通常裁判所が適用する法律以外のものに支配されない,あるいは,被治者のみでなく,統治者,統治諸機関も法の支配に服さなければならぬとする「法のもとにおける統治」の原理。」(『ブリタニカ国際大百科事典』)
「原則(法の支配)が,国家機構の中に貫徹する近代以降の民主主義国家」(『世界大百科事典』)

「君主や領主などの「人の支配」を中心とする専制主義的な色彩が強かったから、市民革命によって「法の支配」による民主的な政治制度の確立が図られたのである。」(『日本大百科全書』)


> 少数意見はあくまでも少数意見なんで、結局、多数決には勝てないさ。

法律上、少数意見と多数意見とに勝ち負けの関係はない
ただし「少数意見であっても尊重し、合意を形成する努力」は法で定められている
その例は国会法54条、裁判所法11条、独占禁止法57条2項等にある
ある意見が多数派になっても多数派が少数派に勝ったわけではないので、独占禁止法57条2項では少数意見も付記できる
国会法54条では、ある意見が少数派として廃棄されても、議院に報告する際には少数派の支持によって少数意見も報告される
裁判所法11条では、数の大小に関わらず各裁判官の意見が表示される

天皇制維持を目的とする限り、政治学や法学を放置するのは不適切
政治家は政治学を学ぶ者、法律家は法学の修得によって成立する者
そして政治学や法学で天皇が否定的な評価をされているのに、政治に影響が無いことは考え難い
それにもまして法曹界や、「法の支配」を原理とする近代国家は、政界よりもさらに法学的基準に左右される

"我が国は民主主義国家であるから、昭和帝の戦争責任を問う政党が選挙で選ばれていないことから、その意見は日本国民の支持を受けていない少数意見である""結局、多数決には勝てない"といったような思いには、天皇制維持についての考えが不足している
「法の支配」が天皇制へ及ぼす重圧についての考えも不足している
日本が前近代国家・反近代国家でない限り、天皇を含め日本は「法の支配」の下にある民主国家なのだから

2015.09.16.12.18.04 ななしの日本人  編集

コメントを投稿


管理者にだけ表示を許可する
 

トラックバック

TB*URL

スポンサードリンク

Pickup

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

QRコード

QR

ブロとも申請フォーム

アクセス




検索フォーム

全記事

全タイトルを表示

twitter

更新つぶやき専用
Twitterボタン
Twitterブログパーツ
普段つぶやき専用
Twitterボタン
Twitterブログパーツ
フォローよろしくお願いします(`・ω・´)

月別アーカイブ

スポンサードリンク